親切で丁寧な明石市大久保の歯医者さくら歯科

078-915-7820

PAGE TOP

ノンメタル治療

ノンメタル治療とは?

ノンメタル治療ノンメタル治療とは、金属を使わない治療のことです。
さくら歯科では、金属を使わない身体にやさしいノンメタル治療をおすすめしています。

現在日本の保険診療では、かぶせ物のほとんどに金属が使われています。 金属は、非常に使い勝手がよい材料として長年歯科治療に用いられてきました。 

当たり前に使用されている金属ですが実はいくつかの問題があるのです。

金属によって生じる問題点

金属アレルギーの原因となります

金属アレルギーの原因に口の中に金属があることにより金属アレルギーを引き起こすことがあります。
金属アレルギーとは、局所や全身に、発赤・腫脹・湿疹などを生じる疾患です。  ※金属アレルギーはさまざまな原因が絡み合って起こる疾患なので、歯科用金属のみが原因とは限りません。


金属の腐食

金属の腐食唾液の存在は金属の腐食を促進させます。
金属が腐食して溶け出しすきまができることによって、2次的なむし歯になることが多くあります。


歯肉の着色

歯肉の着色金属の削りかすや腐食して溶け出したものが、歯肉に沈着しハグキが黒く変色してしまう「メタルタトゥー」を引き起こします。
「メタルタトゥー」は多くの場合、歯肉の奥深くまで金属イオンが浸透しているため簡単に取れないことが多く、外科的にメスなどで切り取る手術が必要になります。


ガルバニー電流

ガルバニー電流ガルバニー電流とは、異なる金属が唾液を介して接触した時に流れる微弱な電流のことをいいます。
種類の異なる金属が口腔内にあると、口の中に電流が起こり、歯の痛み・違和感・味覚異常などを生じることがあります。


自然な質感を再現

ノンメタル治療ノンメタル治療ではこのような問題点を防ぐことができます。
さらにノンメタル治療では、本物の歯と見分けがつかないほど自然な質感を再現できます。

審美歯科はこちら