親切で丁寧な明石市大久保の歯医者さくら歯科

078-915-7820

PAGE TOP

審美歯科

さくら歯科では、見た目も自然で身体にもやさしい
セラミック(陶器)を使った治療を行っています。

オールセラミックとは?

オールセラミックとは?

オールセラミックとは、セラミック(陶器)だけで作る詰め物やかぶせ物のことです。
今までの治療では金属を使うことが多く、歯やハグキが黒くなったり、金属アレルギーの問題がありました。
オールセラミックはお口の中で長期間安定している材料なので、安全できれいな状態が長続きします。

オールセラミックによる治療

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレーとは、セラミック(陶器)だけで作る部分的な詰め物のことで
す。透明感が高く、治療した歯の周りの色を取り込むために自然な色合いに仕上がります。 また、劣化や吸水性が無いため、変色が起こらず歯垢(プラーク)もつきにくいです。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、セラミック(陶器)だけで作るか ぶせ物です。透明感に優れたきれいな仕上がりで、本物の歯と見分けがつかないほどの質感を実現します。
こちらも劣化や吸水性が無く、耐久性も非常に優れています。

ジルコニアオールセラミッククラウン

ジルコニアオールセラミッククラウン

ジルコニアオールセラミッククラウンとは、通常のオールセラミッククラウンの内側にジルコニアという強度の高いフレームを使用した物です。オールセラミッククラウンと比べるとやや透明感に劣るのですが、強度が高いため、噛み合わせの力の強い方の奥歯や複数の歯が連結されたブリッジなどに使われます。

その他のセラミックによる治療

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレーとは、セラミック(陶器)とプラスチックを混ぜた物で作る部分的
な詰め物です。白く自然な状態での修復が可能です。セラミックインレーと比べると、やや透明感に劣り、唾液を吸収するため経年的に変色します。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンとは、金属の裏打ちにセラミック(陶器)を焼き付けたかぶせ物です。従来はこのかぶせ物がよく使われていました。
白く自然な仕上がりで、裏側が金属なので丈夫で割れにくいという利点があります。オールセラミッククラウンと比べると透明感に劣り、歯とハグキの境目が黒ずんで見える場合があります。

ファイバーコア

コアとは「歯を支える台」のことです。大きな虫歯の治療では、神経の治療を行なった後に、かぶせ物を支える台としてコアを入れる必要があります。ファイバーコアとは、グラスファイバーという特殊な素材でできた歯の土台のことです。
従来は金属でできた土台が主流でしたが、ファイバーコアによって金属の土台を使った場合に起こるさまざまな問題点を解決できるようになったのです。

ファイバーコアメリット

1.歯にやさしい

金属の土台はとても硬く、強い力が加わると歯の根が割れてしまうことがあります。(割れるとほとんどのケースで抜歯になります)
ファイバーコアは適度なしなやかさとやわらかさがあり、歯に加わる衝撃を吸収することで、歯の根を破折から守ります。

2.美しく自然な仕上がり

歯に近い光の透過性があり、歯の色と似ているためかぶせ物の色がきれいに出ます。
また、金属の土台を使った時のようにハグキが黒ずむこともありません。

3.身体にやさしい

金属を使用しないため、金属アレルギーの問題の心配もありません。
ノンメタル治療に適した安心安全な素材です。