親切で丁寧な明石市大久保の歯医者さくら歯科

078-915-7820

PAGE TOP

小児歯科

小児歯科とはただ子供の虫歯を治すだけではありません。

虫歯予防に努め、最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に生やしていくことを目標にしています。

小児歯科とはただ子供の虫歯を治すだけではありません。

私たちが子供たちに自分の味方だと思ってもらうことから小児歯科の治療が始まります。
受診初日はお子様に診療室の雰囲気に慣れてもらうという意味と、保護者の予防意識の向上のために個別で歯科衛生士(しかえいせいし)による予防指導を行います。
お口の中をむし歯ができにくい環境にすることが先決です。
痛いなどの緊急を要する場合はもちろん処置から行います。
治療に際しては円滑に進めるためにも歯科治療を正しく理解させ、痛くない治療、こわくない治療を目指し最善の方法で行います。

診療室内ではなるべく子供の視線で話しかけ、リラックスさせるように心がけています。

  • 初めて治療する場合は何かと不安です。そこで少しでも不安感を取り除くように説明し、治療器具を見せ、音を聞かせ、危険のないものは触らせます。
  • 治療の途中でも手鏡を使い実際に見てもらいます。
  • 初診時に立てた治療計画にそって最善をつくします。
  • 治療をするだけではなく適切な時期に予防処置を行います。
  • 毎回、保護者の方へ処置部位、処置内容、注意事項をご説明します。
  • お子様に適した時期に葉書でお知らせし、定期診査を行います。
  • 歯科衛生士または歯科医師が診査し、現在のお口の中の状態をご説明します。

保護者の方へのお願い

小児歯科とはただ子供の虫歯を治すだけではありません。

お子様の歯と口の健診や治療においての保護者の方に、より良い治療のためにご協力をお願い致します。

私たち歯科診療に携わる者は、お子様の健やかな成長を心から願っています。
私たちがとても残念に思うのは、『歯医者さんは痛いところ』という先入観があることです。
確かに歯の治療にまったく苦痛がないわけではありません。

でも痛みを抑えたり、やわらげたりする方法がありますし、お子様が安心できるようにとスタッフは様々な工夫をしています。
どうぞふだんから「歯医者さんでイタイイタイしてもらいますよ」とか「そんな悪いことをする子は歯医者さんに連れて行きますからね」などのように、お子様をおどかす表現はならさないようお願い致します。
もし、お子様が「歯が痛い」と訴えた時には、優しく、「口の中のばい菌を退治してもらいましょうね」などの言葉をかけてお連れ下さい。

小児歯科とはただ子供の虫歯を治すだけではありません。

また、子どもの歯と口の健康管理は、予防と早期発見・早期治療が基本です。成長に合わせて診てもらうことで病気を防ぎ、むし歯のない子、よく噛んでしっかり食べられる子に育てましょう。また、お子様にはうそをついて歯科医院に連れてこないようにしてください。

我々スタッフはお子様との信頼関係を築くように努力しております。
治療が必要な場合でも理由を話して励ましながら処置を進めます。
小児歯科はこわいところではありません。