親切で丁寧な明石市大久保の歯医者さくら歯科

078-915-7820

PAGE TOP

入れ歯治療

さくら歯科の入れ歯治療

さくら歯科の虫歯治療

歯を失った場合の治療法として、入れ歯、差し歯、ブリッジ、インプラントなどが挙げられます。
さくら歯科では、その中でも入れ歯治療に力を入れています。
患者様との十分なカウンセリングを行い、患者様に一番合った治療法を一緒に考え進めていきます。

入れ歯治療というと「硬いものが食べられない」「すぐに落ちる」「古くさい」「見栄えが悪い」等マイナスなイメージを持たれる方がたくさんいらっしゃいますが、近年の入れ歯は精度も良く、丈夫で審美性にも優れています。
また、様々な材質を用いることで、十分な快適さも得られるようになってきています。
食事を味わう、噛みしめる、笑う、喋る、など入れ歯は身体の大切な一部となります。

入れ歯を入れる前、残っている歯の健康を回復する事がとても重要です。さくら歯科では入れ歯を入れる事ができるお口の環境をしっかり整えた上で、入れ歯を作成していくようにしています。

入れ歯のメリット

入れ歯のメリット
  • 着脱式のため磨きにくい部分も清掃しやすい
  • 残存歯にかかる負担がブリッジにくらべると少ない
  • 種類によって保険適応のためインプラントに比べて安価
  • インプラントのように大きな手術をする必要がない

部分入れ歯

部分入れ歯

入れ歯の種類として、部分的に歯が欠けたところに義歯をはめ込む「部分入れ歯」があります。入れ歯を支えるために天然の歯にクラスプ(金具の爪)をかけて固定します。クラスプは天然の歯に負担をかけます。また、欠けた場所によってもクラスプ部分が見えて見た目が悪い場合はクラスプの無い入れ歯「ノンクラスプデンチャー」を用います。

総入れ歯

総入れ歯

歯が1本もない場合は「総入れ歯」を使用し、歯茎や粘膜で入れ歯を固定します。
固定する方法には入れ歯の材質や種類が関わってきます。
レジン床、ゴールド床、チタン床、などがあります。

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプを使用せず、目立たない部分入れ歯(自費診療)
部分入れ歯の金具(クラスプ)が目立つことが気になる方には、クラスプを使用しない部分入れ歯・ノンクラスプデンチャーをおすすめしています。 ノンクラスプデンチャーは義歯床とクラスプ部分が歯肉(歯茎)に近い色の樹脂で出来ていますので、入れ歯を入れていることにほとんど気づかれません。 またクラスプで固定するのではなく、樹脂の弾性で歯肉にぴったりとフィットしますので、クラスプで固定する部分入れ歯よりもズレたり外れたりしにくいのが特徴です。

ノンクラスプデンチャーの利点
  • 樹脂の弾性を利用して装着するため、歯に固定するためのクラスプ(金具、バネ)を必要としない
  • 義歯床とクラスプ部分が歯肉の色に近い樹脂で出来ていますので、目立たない
  • 審美性が高く、部分入れ歯を装着していることにほとんど気づかれない
  • 弾性の高い樹脂を使用していますので一般的な樹脂の部分入れ歯よりも壊れにくく、また薄く軽く作って違和感を軽減することが出来る
  • 樹脂の弾性によってかみ合せたときの負担が緩和されるため、クラスプで固定源の歯を傷つける心配がない
ノンクラスプデンチャーの欠点
  • 適用できる症例に制限がある
  • 残存歯が少ない場合には、ノンクラスプデンチャーを使用できないことがある

チタン床

チタン床

義歯床の部分に純チタンを使用している義歯です。
純チタンとは、現在最も最先端をいく素材で、航空機はもちろん、宇宙時代の金属といわれています。
金属床義歯の中でも最も生体親和性が高く、超精密義歯で、総義歯、部分義歯ともにも対応しています。

チタン床の利点
  • 金属床の中でもっとも薄くて丈夫な構造
  • 比重は一般的な義歯に用いられる金合金の約1/4と軽い
  • 強靭で破損・変形・たわみが少ない
  • 金属が溶出せず、アレルギーの心配がない
  • 違和感が少なく舌の動きも自由で発音しやすい
  • 金属味がほとんどなく、義歯使用の味覚の変化が起こらない
  • 食べ物の温度を感じることが出来る
  • 汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい
チタン床の欠点
  • 他の金属床に比べて値段が高い

ゴールド床

ゴールド床

義歯床の部分にゴールドを使用している義歯です。
生体親和性が高く、超精密義歯で、総義歯、部分義歯にともに対応出来ます。

ゴールド床の利点
  • 強靭で破損・変形・たわみが少ない
  • 金属が溶出しにくいのでアレルギーが起こりにくい
  • 違和感が少なく舌の動きも自由で発音しやすい
  • 金属味がほとんどなく、義歯使用の味覚の変化が起こらない
  • 食べ物の温度を感じることが出来る
  • 汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい
  • お口の中が明るくきれいに見える
ゴールド床の欠点
  • 他の金属床に比べて、重量が重い

レジン床

レジン床

義歯床の部分にプラスチックを使用している義歯です。
保険適応の義歯で、総義歯、部分義歯ともに対応出来ます。

レジン床の利点
  • ほとんどの症例で使用することができる
  • 保険適応なので安価
レジン床の欠点
  • 部分義歯は周りの歯に止め金がかかるので見た目が良くない
  • 周りに歯に影響がでる場合がある
  • 噛む能力が低い(天然歯の20~30%)
  • 耐久性が低いため破折しやすく、外れやすい
  • 分厚く違和感が強い
  • 温度感覚がない
  • ニオイや汚れがつきやすい